ブログ&ハウツーガイド|WhoisXML API



WhoisXML API Blog

プレミアムDNSデータベースのカバー率が578%増加

プレミアムDNSデータベースダウンロードのカバレッジがここ数ヶ月で大幅に向上したことをお知らせいたします。2024年の最新の測定では、データベースのDNSレコード総数が2023年5月と比較して578%増加しました。 

より正確には、A レコードが1,313%増加し、AAAA レコードの総数が700%増加した。全体として、DNS Database Downloadは現在353億以上のDNSレコードを含んでいる。

2024年1月ドメイン活動ハイライト

WhoisXML APIの研究者は、2024年1月1日から31日の間に登録された700万以上のドメインを分析し、最も人気のあるレジストラ、レジストラントの国、トップレベルドメイン(TLD)拡張子など、世界のドメイン登録動向を明らかにしました。

また、1月にIoC(indicator of compromise)として検出された110万以上のドメインについて、TLDの使用状況と脅威タイプの内訳を調査しました。

最後に、調査結果を要約し、DNS、IP、ドメインのインテリジェンス・ソースを用いて期間中に作成された脅威レポートへのリンクを提供した。

StreamSetsとSnowflakeの統合

このガイドでは、StreamSetsとSnowflakeの統合についてステップバイステップで説明します。

StreamSets Data Collector 5.7.1 - DockerデプロイメントとWeb Socketパイプラインガイド

このガイドでは、StreamSets Data Collectorバージョン5.7.1をDockerコンテナにデプロイし、WebSocketに接続して受信したデータをローカルに保存するシンプルなパイプラインを作成する手順をステップバイステップで説明します。

WhoisXML API、Snowflake Marketplaceで新規登録ドメインフィード(コミュニティ版)の提供を開始

WhoisXML API、Snowflake Marketplaceで新規登録ドメインフィード(コミュニティ版)の提供を開始

WhoisXML APIはこのほど、Snowflake Marketplaceで 新規登録ドメインフィード(コミュニティ版)の提供を開始しました。Snowflake MarketplaceでNewly Registered Domains Feed (Community Edition)が利用可能になると、共同利用者は1日あたり最大10,000件のNRDにアクセスし、30日分の履歴データを閲覧できるようになります。

新規登録ドメイン(NRD)2.0と1.0:何が変わったのか?

WhoisXML APIは、新規登録ドメイン(NRD)サービスを大幅に改善し、NRD 2.0の導入とNRD 1.0の段階的な廃止を行いました。

他の機能強化の中でも、監視される新しいドメインのアクティビティは、「追加」「削除」ドメインだけでなく、「更新」「発見」ドメインにも及ぶようになった。以下は、NRD2.0の技術的メリットの概要である。

2023年12月ドメイン活動ハイライト

WhoisXML APIの研究者は、2023年12月1日から31日の間に登録された960万以上のドメインを分析し、最も使用されているトップレベルドメイン(TLD)拡張子やレジストラなどのドメイン登録傾向を特定しました。

また、当社の研究者は、12月にIoC(indicator of compromise)のタグが付けられた約150万件のドメインについて、TLDの使用状況と脅威の種類を調査しました。調査結果は、DNS、IP、およびドメインのインテリジェンス・ソースを使用して作成された脅威レポートへのリンクとともに、以下に要約されています。

WhoisXML API、タイポスクワッティングデータフィードの提供をアップグレード

この度、タイポスクワッティングデータフィードをアップグレードいたしました。この革新的なリリースでは、タイポスクワッティングの検出を改善し、カバレッジを拡大することで、疑わしいドメイン登録の識別をさらに強化します。

このバージョンのTyposquatting Data Feedに加えられた具体的な改善と変更は以下の通りです:

WhoisXML APIを無料でお試しください。
お申し込み